グループウェア WeblyGo

グループウェア WeblyGo 機能詳細

ログイン画面

ユーザーIDとパスワードによるログイン制御を行います。

グループウェアWeblyGo ログイン
[イメージ拡大]
  • 情報連絡船「WeblyGo」はユーザーIDとパスワードにより基本的なセキュリティを保っています。
  • 1つのアカウントでの同時ログオンは1人に限定することにより、ログイン中の不正アクセスが発生すればこれを検出してユーザーに警告を出して知らせます。
  • WebサーバーにSSLサーバー証明書を導入することで、http通信を暗号化(SSL)することができます。

  

トピックス(ログイン直後のメイン画面)

ログインすると最初の画面で新着情報が一覧表示されます。その他、ポータルサイトの表示や行先設定を行います。

グループウェアWeblyGo トピックス
[イメージ拡大]
  • 新着情報
    • 「カレンダー」:本日の行事やメンバーのスケジュールがタイトル、登録者名、時刻、場所で表示されます。
    • 「伝言板」:最近の伝言が日付、タイトル、送信者名で表示されます。
    • 「ニュース」:最近のニュースが日付、タイトルで表示されます。
    • 「フォーラム」:最近の新規発言の件数がフォーラム別に表示されます。同時に自分宛の回答件数が表示されます。
    • 「予約」:本日の予約件数が予約メニュー別に表示されます。同時に自分が予約した件数が表示されます。
    • 「ワークフロー」:ワークフローに自分が担当する未処理の申請がある時は件数が表示されます。また、ワークフローで処理が完了しているとその件数が表示されます。
    • 「文書管理」:文書の登録・変更の件数が書庫別に表示されます。 アイコンをクリックするとその機能に、ダイレクトにジャンプします。
  • 「行先」 自分の行き先を指定します。「ユーザー情報」の「行先案内」で他の人の行き先を確認できます。
  • 「ポータルサイト」 よく使うホームページを登録しておきます。
  • 「壁紙設定」 自分の好みに合わせて壁紙や背景色の設定が可能です。
  • 「ユーザー間の画面切替」 ログオンのまま兼務のユーザー間で画面の切替えが可能です。(「兼務」設定が必要)

 

新着モニタ(バージョン5以降)

新着情報のモニタ(トピックス+電子メール)やスケジュールの事前通知をポップアップで通知します。

グループウェアWeblyGo 新着モニタ
[イメージ拡大]
新着モニタを起動しておくと・・・
  • トピックスの新着:新しいトピックスの登録を通知します。
  • 電子メール:電子メールを定期的にチェックし新しい受信を通知します。
  • スケジュール通知:30分/15分前になるとスケジュールを事前に通知します。

 

セキュリティ(不正アクセスを検出)

WeblyGo独自のセキュリティ機能です。不正なアクセスを検出し、これを警告します。

グループウェアWeblyGo セキュリティ
[イメージ拡大]
  • 別の場所で誰かがあなたのIDとパスワードを使用して、不正なアクセスを行った場合、これを検出しあなたの画面で警告します。
  • また、WeblyGoではセキュリティを高めるため、パスワードを変更するためのパスワードを設定することが可能です。

 

カレンダーカレンダー

カレンダーの表示とスケジュールの管理ができます。

 

グループウェアWeblyGo カレンダー
[イメージ拡大]
  • 月(カレンダー/一覧/タイル)、週(グラフ/一覧/ユーザー/タイル/タイル+一覧)、日(グラフ/一覧)の表示切換ができます。
  • スケジュール時間帯のグラフィカル表示で一目瞭然
  • 他人のスケジュールが表示可能です。(複数選択可能)
  • メンバーの共通の空き時間帯も表示されます。
  • スケジュールをCSVファイル形式でダウンロードできます。
  • 登録したスケジュールの閲覧者を、全体(全員)、部、課、グループ、個人(本人)等のレベルで制限することができます。
  • 誕生日、創立記念日などの年サイクルの登録が簡単にできます。
  • スケジュールの繰返し登録も可能です。(連続/週・月間隔)
  • 自分のスケジュールと他人のスケジュールを区別して登録・表示します。
  • 会議などの登録で、スケジュールの共有メンバーを指定できます。
  • 本人に代わって代理登録が可能です。(秘書機能)
  • カレンダーに登録したメッセージを伝言板、電子メールに連動させることができます。
  • ユーザー毎に過去スケジュールを一括削除できます。
  • 内容欄に記述したURLやメールアドレスは自動的にリンク表示されます。
  • 休日・出勤や暦(こよみ)のカスタマイズができますので独自の企業カレンダーが作れます。

 

伝言板 伝言板

メールアドレス不要、WeblyGoユーザー専用のメール機能です。

グループウェアWeblyGo 伝言板
[イメージ拡大]
  • 個人(複数指定可能)宛や自分の所属するグループ宛にメッセージやファイルを送ることができます。
  • アンケート集計機能により調査項目の配信、回収および集計が行なえ、その結果をグラフで見ることができます。
  • アンケート回答時にコメントを入力できます。
  • アンケート結果を、あとで指定の表示範囲に公開することが可能です。
  • カレンダーとの連動機能により新規登録したスケジュールの内容を伝言板を通じて個別にメッセージとして送ることができます。
  • 送信済みの伝言に対して相手が閲覧したかどうかが確認できます。
  • 宛先を選択するのに、専用ユーザー選択画面や送信履歴から参照が可能です。
  • 自分宛に伝言を送ることでToDoリストとしても活用できます。
  • 未読と既読の一覧表示をページ別けしました。
  • ファイル(最大4つ)添付が可能です。
  • 伝言欄に記述したURLやメールアドレスは自動的にリンク表示されます。
  • 伝言先選択で送信先を選ぶと伝言先欄で該当者のリストが反転表示され、簡単に確認できます。
  • 確認ボタンで伝言先が確認でき、送信ミスが防げます。
  • 伝言の送り主にワンタッチで返信できます。
  • 添付ファイル付きで転送できます。(電子メールへも同時に転送可能
  • キーワード検索機能があります。

 

ニュース ニュース

表示期間を指定してニュースの公開ができる電子掲示板です。

グループウェアWeblyGo ニュース
[イメージ拡大]
  • キーワード検索、分野検索機能があり、記事が増えてもスピーディな検索ができます。
  • ニュースにはリンクを張ることができ、詳細はリンク先で見ることができます。
  • 表示終了日になれば自動的にニュースが非表示となります。古くなった情報をチェックして、その都度消す必要はありません。また、表示開始日を指定する事によりニュースを事前に登録することもできます。
  • 表示終了後のニュースもワンタッチで再び見ることができます。
  • 登録したニュースの閲覧者を、全体(全員)、部、課、グループ、個人(本人)等のレベルで制限することができます。個人に指定すれば自分専用のメモとして使えます。
  • 当日投稿ニュースのタイトルには“Today”のマークが付きます。
  • ファイル(最大4つ)添付が可能です。
  • ユーザー毎に過去ニュースを削除できます。
  • 記事欄に記述したURLやメールアドレスは自動的にリンク表示されます。
  • 期限切れニュースも表示できるようになりました。
  • アクセスカウンタが表示され、記事がどれくらい読まれているか確認することができます。

 

フォーラム フォーラム

検討テーマに対して参加メンバーが意見を述べ合って行く電子会議室です。

グループウェアWeblyGo フォーラム
[イメージ拡大]
  • 離れた場所や、異なる時間でも会議に参加できます。
  • 検討テーマ毎に参加対象を制限した会議室をいくつでも開設できます。
  • 発言内容が階層表示されますので会議の流れがよくわかります。階層は無制限です。
  • 発言者、発言時刻、内容が議事録として自動的に残せます。
  • 自分が開設した会議室(フォーラム管理者)では、好ましくない発言や失敗・不要の発言を非表示にしたり削除できます。
  • 自分の発言は編集可能となりました。
  • 新規発言と従属発言のアイコンを換えてテーマの区切りを分かりやすくしました。
  • 新着発言をNEWで表示。また、発言(NEW)に対して既読の確認が可能です。(見た後は、色が変わるので未読が一目でわかります。)
  • 表示選択(階層表示、階層詳細、新着順、新着詳細)が可能、ハードコピーを取りたい時には一覧表示が便利です。
  • コメント欄に記述したURLやメールアドレスは自動的にリンク表示されます。
  • ファイル(最大4つ)添付が可能です。
  • 発言内容などをキーワードで探し出せる検索機能があります。
  • 参加対象に「拡張メンバー」を追加することで、ユーザー単位のアクセス制御が可能です。

予約 予約

会議室、社有車、備品などの設備の予約管理ができます。

グループウェアWeblyGo 予約
[イメージ拡大]
  • 参加対象を制限した予約をいくつでも開設できます。
  • 予約物件の詳細説明も表示させることができます。
  • 予約状況はグラフィカルに表示され、予約手続きはマウス操作で簡単に行うことができます。
  • 予約には、一日を30分単位で予約する【日別時間予約】モードと一月を日単位で予約する【月度別日予約】モードがあります。
  • マウスだけの簡単登録
  • 日別予約モードでの繰返登録(連続/週・月間隔)が可能です。
  • 月度予約モードでの月を越えた登録が可能となりました。
  • 他部門の人に代わって予約してあげることができます。
  • 登録した内容を伝言板、電子メールで送信可能です。
  • ログイン後の新着情報画面と最初の予約メニュー画面に当日の予約状況が表示されます。
  • 予約表の日時の桝目の色を過去、現在、未来で色分けしました。
  • 本人の予約表示は色を変えて分かりやすくしました。
  • 予約管理者は予約を削除できます。
  • 予約状況やキャンセル履歴をCSVファイル形式でダウンロードできます。
  • 現在より以前の登録削除を禁止します。(管理者のみ削除可能)
  • 参加対象に「拡張メンバー」を追加することで、ユーザー単位のアクセス制御が可能です。
  • 一般ユーザーによる予約の開設が可能です。

ワークフロー ワークフロー

申請書類、伝票類の承認処理の流れ(ワークフロー)を電子化します。

グループウェアWeblyGo ワークフロー
[イメージ拡大]
  • 申請書にはワードやエクセルで作成したファイルを添付し、専用フォームでの申請が可能です。
  • 経路設定は一人から何人でも設定可能です。承認経路が不明なときは次の承認者だけを指定して、その先の処理は次の人に任せることができます。
  • 一度指定した経路指定は、次回の経路指定の時にテンプレートとして再利用できますので設定が簡単にできます。
  • 経路設定のテンプレートに上司の選択を追加しました。
  • 申請処理の途中でも処理担当者は経路変更できますので、緊急時に処理者が不在でも臨機応変に対応できます。
  • 承認処理時や次の担当者の処理が済んだ後もコメントやファイル添付ができますので後追いでも追加の指示ができます。
  • 申請・承認したことを次の人に伝言板、電子メールで送信可能。
  • 申請書の承認処理結果と処理状況(可決・否決・処理中など)が一目で確認できます。
  • ログイン後のトップ画面で申請処理の有無や処理の完了を確認でき申請書類の滞留を防ぐことができます。
  • 申請書の閲覧者を、全体(全員)、部、課、グループ、個人(本人)等のレベルで制限することができます。
  • 申請内容欄に記述したURLやメールアドレスは自動的にリンク表示されます。
  • 回覧としても利用可能です。
  • キーワード、分類、重要度、状態によって申請書類をすばやく検索できます。
  • ワークフローを完全に別ファイルとして登録し、保管できます。
  • 保管されたファイルは、
    • 閲覧者を再度設定できます。
    • 別のタイトル、別の分類で保管できます。
    • キーワード、保管区分、状態によって検索できます。
  • ワークフロー一覧をCSVファイルとしてダウンロードできます。

文書管理 文書管理

文書、統計データ、写真資料等を電子化して共有文書として一元管理ができます。

グループウェアWeblyGo 文書管理
[イメージ拡大]
  • 書庫の使用者を、全体(全員)、部、課、グループ、個人(本人)等のレベルで制限することができますので、グループ別のセキュリティが設定できます。
  • 書庫毎に新着件数を表示します。
  • 書庫内のフォルダはツリー状の階層構造になっており、階層的な文書管理が可能です。
  • 文書毎に分類(ジャンル)が設定でき、文書を分類して保存できます。
  • 書庫やフォルダにはコメント欄がありますのでタイトル以外に詳しい説明が付けられます。この内容でキーワード検索を行うことができます。
  • 編集モード」の設定により、登録者以外でも編集が可能です。
  • 文書のコメント欄に記述したURLやメールアドレスは自動的にリンク表示されます。
  • 文書が膨大になっても、検索機能を使用して分類,登録者,文書名,コメント等のキーワードを条件に簡単に必要な文書を引き出すことができます。
  • ファイル(最大4つ)添付が可能です。
  • キーワード、文書区分によって文書をすばやく検索できます。
  • 一般ユーザーも書庫を開設することができます。

  

電子メール 電子メール

インターネットメールの送受信ができます。

グループウェアWeblyGo 電子メール
[イメージ拡大]
  • 複数のメールサーバー(SMTP/POP3)を登録できます。
  • 署名をあらかじめ登録し、メール作成時にワンタッチで追加できます。
  • 自由にメールボックスを作成できます。
  • メールアドレス帳に表示範囲を指定した共有メールアドレスの登録が可能です。
  • また、「電子メール」独自メールアドレス帳の他に、ユーザー情報、住所録もメールアドレス帳として使えます。
  • メールアドレスの表示対象を、全体(全員)、部、課、グループ、個人(本人)等のレベルで制限することができますので、グループ別のセキュリティが設定できます。
  • メールアドレスのCSVファイルをダウンロードでき、Excelなどで利用できます。
  • CSV形式で作成されたメールアドレスをインポートできます。
  • ごみ箱フォルダのメールを一定期間後に自動削除します。
  • ファイル(添付数無制限)添付が可能です。
  • メール返信、転送機能、再送機能があります。
  • キーワード(件名、本文、送信者)、メールボックス指定の検索ができます。
  • 添付ファイルの全体容量が多くなると警告を表示して、データの整理を促します。
  • 詳細画面に関連するメールの一覧が表示されます。
  • WeblyGoの「電子メール」をご利用になる場合、こちらの注意事項をご確認下さい。

 

プロジェクト プロジェクト

プロジェクト毎に立案された計画(工程や予算・実績)の管理をグラフィカルに行えます。

グループウェアWeblyGo プロジェクト
[イメージ拡大]
  • プロジェクトの登録時に表示範囲をどの階層または拡張グループに表示するかを指定できます。
  • プロジェクの状態、「作成中」「実績入力」「完了」によって予定、実績の入力項目が自動的に制御されます。
  • プロジェクトの表示対象を簡単なグループ範囲で設定可能です。
  • プロジェクト全体はプロジェクト管理者だけが変更できます。
  • 各計画は担当者およびプロジェクト管理者だけが登録・変更できます。
  • 表示終了日の設定により自動的に表示を終了します。
  • プロジェクト全体のスケジュール管理と担当者別計画の管理を分離して管理します。
  • 先行計画を指定して、計画が自動的に移動(途中の計画の変更が、後の計画に自動的に反映)します。
  • 計画は見やすくガントチャート表示されます。チャートの色、形、幅をユーザー設定できます。
  • 表示窓の自動設定により、適切な大きさで計画を表示します。
  • 各計画、および全体計画にファイル(最大4つ)添付が可能です。
  • キーワード検索 ができます。

 

チャット チャット

リアルタイムでのちょっとした打合せにチャットが便利です。

グループウェアWeblyGo チャット
[イメージ拡大]
  • チャットの参加対象を、全体(全員)、部、課、グループ、個人(本人)等のレベルで制限することができますので、グループ別のセキュリティが設定できます。
  • 参加対象に「拡張メンバー」を追加することで、ユーザー単位のアクセス制御が可能です。
  • チャット毎に、現在の入室者数を表示します。
  • チャット管理者は、チャットの初期化が可能です。
  • チャット履歴の行数が指定できます。
  • ログインユーザーの表示名(ハンドル)、表示色を選択できます。
  • 表示リフレッシュ間隔を選択できます。
  • 入室のまま他のメニューに移っても、再度自動ログインします。
  • 一般ユーザーもチャットを開設することができます。

 

リンク集 リンク集

お勧めリンク先を共有ブックマークとして使用できます。また、簡単な文書管理としての利用も可能。

グループウェアWeblyGo リンク集
[イメージ拡大]
  • グループ共有のブックマークが作れます。
  • 分類やキーワード検索機能により、社内の検索エンジンとしても使用できます。
  • サーバーに保存したファイルにリンクしたり、添付ファイルを利用することにより、簡単な文書管理として利用できます。
  • 添付ファイル機能を利用して電子文書管理ツールとしても活用できます。
  • 登録したリンクの利用者を、全体(全員)、部、課、グループ、個人(本人)等のレベルで制限することができます。
  • キーワード検索、分野検索機能があり、登録が増えてもスピーディな検索ができます。
  • ファイル添付が可能です。
  • 内容欄に記述したURLやメールアドレスは自動的にリンク表示されます。

 

住所録 住所録

「あかさたな」検索キーにより簡単に住所や電話番号の検索ができます。

グループウェアWeblyGo 住所録
[イメージ拡大]
  • 使用目的に合わせて、あらかじめ3つのメニューが用意されております。
  • ユーザー住所録」はWeblyGoにユーザー登録した方の情報を表示します。社内電話帳としても使えます。
  • みんなの住所録」は会社や個人などの住所録を共通で使用する為のものですが、組織階層を指定して登録すれば、各部門別に異なる住所録ができます。
  • 私の住所録」はプライベート用で、登録したデータは他人から見ることはできません。
  • さらに新たな住所録(共通か個人専用)を追加設定することもできます。
  • 会社用と個人用の2つの入力フォームが選択できます。
  • キーワード検索は勿論、名称の頭文字(「あかさたな...」の50音)で検索することもできます。
  • 添付ファイル機能を利用して地図や顔写真・建物等のイメージ情報も登録・表示できます。
  • 住所録の情報からホームページへリンクしたり、メールを送信することができます。(インターネットに接続している場合)
  • 住所録ファイルをcsvファイル形式でダウンロードすることができます。他のシステムとのデーター共有に便利です。
  • ファイル(最大4つ)添付が可能です。
  • コメント欄に記述したURLやメールアドレスは自動的にリンク表示されます。

 

ユーザーページ ユーザーページ

HTMLの知識がなくても、誰でも簡単に自分のホームページが作れます。

グループウェアWeblyGo ユーザーページ
[イメージ拡大]
  • HTMLなどの知識が無くても、簡単な設定で自分のホームページを作成することができます。
  • 自分の顔写真や好きなイメージを表示することができます。
  • アクセスカウンターも表示可能です。人気のページが判ります。
  • 新入社員の紹介にも利用できます。
  • タイトルや紹介文のキーワード検索ができます。
  • コメント欄に記述したURLやメールアドレスは自動的にリンク表示されます。

 

ユーザー情報 ユーザー情報

行先案内、アクセスログ、マイグループ、個人情報、組織情報の閲覧、および自分の個人情報の変更ができます。

グループウェアWeblyGo ユーザー情報
[イメージ拡大]
  • 自分のパスワードや個人情報が変更できます。
  • 「行先案内」 検索機能(所属検索、+「あかさたな」検索)
  • 「アクセスログ」 過去7日、過去4週、過去3月のアクセスログをチェックできます。
  • 「ユーザー一覧」 ユーザー情報が組識順や名前順,登録順で参照できます。 ユーザー一覧をキーワード、表示対象によって検索できます。
  • 「組織一覧」 組織名及び組識構成が参照できます。
  • 「拡張グループ一覧」 拡張グループの閲覧ができます。

 

  ヘルプ ヘルプ

Q&A方式のヘルプの登録と検索によるヘルプデスクです。

グループウェアWeblyGo ヘルプ
[イメージ拡大]
  • WeblyGoのヘルプがサンプルとして既に登録されています。新規にヘルプを登録・修正していくことにより自社にマッチした独自のヘルプ機能を作り上げることができます。
  • 新たな分野を登録してWeblyGo以外のヘルプ機能を作る事も出来ます。
  • キーワード検索、分野検索機能があり、登録が増えてもスピーディな検索ができます。
  • 詳細な説明については添付ファイル機能を利用して別ファイルで補うことができます。
  • ファイル(最大4つ)添付が可能です。
  • 内容欄に記述したURLやメールアドレスは自動的にリンク表示されます。

システム システム

ブラウザからシステム設定の変更が可能です。

グループウェアWeblyGo システム
[イメージ拡大]
  • WeblyGoのシステム設定を変更することにより自社の環境に合わせたカスタマイズが行なえます。
  • ブラウザからシステム設定ができるので簡単。管理者の負担も少なくて済みます。
  • システムはシステム管理者権限のあるユーザーだけが使用できる機能です。







  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 設定項目の詳細はこちらをご参照ください

  画面デザイン 画面デザイン

お好みに合わせて5種類の画面デザインが選べます。

グループウェアWeblyGo 画面デザイン
[イメージ拡大]
Windows XPに合わせて画面デザインを新しくしました。個人別に次の5タイプが選べます。
  • クラッシック(バージョン3.0のデザイン)
  • グリーン
  • ブルー(バージョン5.0の既定)
  • ピンク
  • グレイ

 

WeblyGo Mail WeblyGoメール

「WeblyGo Mail News」をE-Mailでお知らせします。

グループウェアWeblyGo「WeblyGo Mail News」
[イメージ拡大]
  • WeblyGoのログイン後に表示されるトピックスの内容を、WeblyGoにアクセスしなくても、E-Mailによって「WeblyGo Mail News」というSubject(件名)で自動的に知らせてくれる機能です。
  • メール記事の中のURLをクリックするだけでWeblyGoに直接ログインできます。
  • 朝は先ずメールを見て、その中の「WeblyGo Mail News」からWeblyGoにアクセスするという具合に、E-Mailとの連携が図れます。
  • E-Mail対応の「iMode」等の携帯電話にもWeblyGoのニュースを配信することができます。
  • WeblyGoメールはオプション機能(別途、インストール)となっておりパッケージに付属(無償)しています。
  • メールサーバが別途必要となります。

iモード iモード

インターネットに接続することにより、携帯電話からWeblyGoにアクセスすることが可能となります。

グループウェアWeblyGo iモード
[イメージ拡大]
iMode は以下のメニューに対応しています。
  • 「トピックス」
  • 「カレンダー」
  • 「伝言板」
  • 「ニュース」
  • 「予約」
  • 「住所録」